ソロキャンプの魅力【男性向け】

ソロキャンプでのリラックス方法50選!癒されたい人必見!

まとめ ソロキャンプ 風呂 対策

ソロキャンプで癒やされたり、リラックスしたりする方法を知りたい

仕事が多忙だったり人間関係が面倒でストレスが溜まる事ってよくありますよね。悩みや不安がある時は、適度にストレス発散をしないと最悪鬱になる可能性があり、とても危険です。

日頃のストレスを解消したいのであればソロキャンプはとてもおすすめです。自然を見て癒やされるのもよし、美味しい料理を食べてリフレッシュも有り、アクティビティで運動するのもストレス発散に繋がります。

そこで今回はソロキャンプでのおすすめのリラックス方法をご紹介していきます。実際にソロキャンプを趣味にしている人にアンケートをとってみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

結論

■ソロキャンプで定番の癒やされる方法
・焚き火で癒やされる
・ハンモックやテントなどでぐっすり休む
・音楽や読書などでゆっくりする
・自然を堪能する
・食事やコーヒーを楽しむ

ソロキャンプは男性の趣味としては最適で、生涯続けられるのでおすすめです。ソロキャンプのメリット・デメリットを別の記事でご紹介していますので、もし興味があればご覧ください。

ソロキャンプ 向いている理由
ソロキャンプのメリット・デメリットを30代独身男性に向けて徹底解説!ソロキャンプは人気みたいで始めてみたいけど、色々とハードルは高そうだしソロキャンプのメリットやデメリットを知りたい。30代の独身男性にも...

ソロキャンプが癒やされるのに適した理由

ソロキャンプ 癒やされる 理由
ソロキャンプはストレス解消にとても効果的で、リラックスや癒されたい時にはとても最適です。キャンプは基本的にはキャンプ場で行う事が多く、多くのキャンプ場は山や林の中にあり、周りは自然に囲まれています。

メンタリストDaigoさんもお話していましたが、自然の中で軽い運動をする事で精神が落ち着く効果もあり、悩みや不安があっても解消される効果があります。そのため自然の中で行動をするソロキャンプはストレス解消に効果的なんです。

ソロキャンプはリラックスできる方法が数多くある

自然以外にも美味しい料理や、自然を用いたアクティビティ、焚き火を見る事でのリラックス効果などソロキャンプではリラックスできる方法が数多くあるため、自然とストレスを解消できてるって事もあるんです。

特に煩雑な人間関係から離れられ、自然の中で美味しい料理やコーヒーを楽しみながら自分だけの時間を過ごせるのは、忙しい社会人にとってはとてもリラックスできる時間になります。

そのため、癒されたい人やリラックスをしたい人にはソロキャンプを強くおすすめします。

ソロキャンプで癒される方法まとめ

ソロキャンプ 癒やされる方法
それでは早速ソロキャンプで癒やされる方法についてご紹介していきます。実際にクラウドソージングのランサーズにてソロキャンプ経験者にアンケートをとっており、実際にソロキャンプ時に行うリラックス方法を聞いています。

基本的にソロキャンプで癒やされる方法として、大まかに分けると下記の5つですした。

■定番の癒やされる方法
・焚き火で癒やされる
・ハンモックやテントなどでぐっすり休む
・音楽や読書などでゆっくりする
・自然を堪能する
・食事やコーヒーを楽しむ

実際にどんな方法で癒やされているかを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

夜に星を見ながらハンモックで寝ること

木と木にくくりつけたハンモックで星を見ながら、ゆらゆらしながら寝ます。
ラジオをつけていると、そこまで孤独感は感じません。(30代男性)

音楽を聴きながら夜空を見る

ソロキャンプでは夜中一人での不安感が出てくる場合がありますので、音楽を聴きながら星空を見ると心が癒されてリラックスできます。(30代男性)

早朝に引きたてのコーヒーを淹れて飲む

爽やかな朝の香りと引きたてのコーヒー豆の香りが、とてもリラックス出来るのが大好きだからです。誰にも邪魔されない至福のひと時です。(30代男性)

音楽を聞く。

高音質のモバイルスピーカーなどを使って、音楽を聞く。
静かな屋外だと普段聞いている曲でも、感じが違って聞こえて楽しめると思うから。(30代男性)

夜空の星を見る

いつもはスマホを弄りながら寝ていますが、スマホを置いて仰向けになって虫の鳴き声を聞きながら星空を見ながら眠ると日常的なストレスから解消されて気分転換になります。(40代男性)

ハンモックを設置して夕方までの時間をうつらうつらしながら過ごすこと。

日が暮れるまでの薄暗くなってくる時間をハンモックで揺られながら目を閉じていると川の流れる音や鳥の鳴き声、風が吹く音だけの静かな時間がとても贅沢で心が落ち着きます。それから焚火の用意をしてコーヒーを入れたり、お肉を焼いてビールを飲んだり好きなものを自由なタイミングで食べられるのがストレスがなくて楽しいです。(30代女性)

焚き火を見て、ゴハンをつくる。

火起こしから焚き火をして、ゴハンを作って、焚き火をずっと見る。何故か焚き火の日を見ていると落ち着きます。人の本能なのかと思います。(30代男性)

焚き火を見てぼーっとする。

大自然の静かなところで、川の音や木々の葉が風でゆらめく音を聞きながら、焚き火のゆらめく炎を見るだけでリラックス出来ます。(30代男性)

木漏れ日を浴びながらお気に入りのスープを飲む

好みのインスタントスープを数種類持参し、木漏れ日の下でのんびり飲んでいます。お酒や珈琲も好きですがキャンプ場で頻繁にトイレに行きたくなるのを避ける意図もありスープにしています。(40代女性)

自然たっぷりの中時間を気にせず、コーヒーを飲んだり、読書をしたり、うとうとする等。

自然たっぷりの中ですと、それだけでも気分転換になります。マイナスイオンたっぷりと浴びながら、アウトドア用のリラックスチェアに座り、大好きなコーヒーを飲んで読書。眠くなってきたらうとうとする。誰かに気にすることなく、自分のペースで動くのが一番リラックスできます。最近は人に合わせることが疲れてきているため、おひとり様○○にハマっています。(40代女性)

焚火をみながらスマトラコーヒーを飲むこと

夜更けの中濃くのあるそして大地の香りがするスマトラコーヒーを飲むと自然と一体になった気分になれます。(20代男性)

星空を眺めながら、テントで眠る

仕事でのストレスを忘れて、自然の中で星を眺めるのは最高の癒しです。(30代女性)

カレーライスを作る

薪を燃やす匂いとカレーの匂いを一緒に吸い込むと、家では味わえない香ばしい匂いがし、幸せな気分になるからです。(30代女性)

好きな音楽を聴くことでリラックスできます。

ソロキャンプなので、基本的に話し相手がいない状況なので、リラックスできる音楽をかけることで、気分が癒されると思います。(40代男性)

夜、星空を見上げる

街明かりの中ではなかなか見えない星空も、人里から離れたキャンプサイトであれば心ゆくまで堪能できます。季節の星座に、天の川、流れ星はもちろん、飛行機や人工衛星と言った脇役も居ます。好きな音楽を聞きながらでも、とっておきの酒を飲みながらでも、とにかく「非日常にいる」という感覚に癒やされます。(30代男性)

焚き火を見ながらラジオを聞く

焚き火の火を見ていると嫌な事を忘れリラックスできます。さらに趣味の芸人のラジオを聞くことは私にとって至福の時間です。(30代女性)

アロマキャンドルを炊いてブランデー入りコーヒーを飲む

焚き火は後片付けが大変なので、手軽にアロマキャンドルを炊きます。虫除け効果のあるもので好みの香りのキャンドルを炊きつつコーヒーにブランデーを入れて飲み、寝る前のひと時を過ごすのが最高。星空と静けさをゆっくりと独り占めする時間は至福のひと時です。(40代女性)

たき火の前でキャンプ場の受付付近に置かれているリーフレット・パンフレットを眺める

キャンプ場の受付付近に置かれているリーフレットやパンフレットにはキャンプ場周辺のおすすめのお店・施設・商品などの情報がたくさんあります。それらをたき火のまえで眺めながら帰りに寄りたい所や買って帰りたい物に想いをはせると癒やされます。(40代女性)

焚き火をしながらボーっとする

立ち上る炎を見たり、木が爆ぜる音を聞いたりするだけで穏やかな気分に浸れるので。(40代男性)

焚火をしながらボーとすることと普段できない体験ができる

まず、よるにとても静かな場所で焚火をするだけで非常に心が落ち着きます。普段の生活の中で感じているストレスが小さく感じ前向きになります。
また、普段自然という体験する機会がないのでとても癒されます。(30代男性)

焚火や川の音を聴きながら読書

焚火や川の音を聴いているとリラックスできます。その中で本を読むとより集中して、本の世界に入っていくことができます。(30代女性)

ガスランタンの明かりでの読書

ガスランタン特有のあたたかみあふれる光で癒されます。その中で普段ゆっくできない読書に没頭できるのは、最高です。(30代男性)

周囲に耳を済ませ野鳥の囀りを聞く

ふと作業の手を止め耳を澄ませると、周囲の木々から聞こえて来る野鳥の美しい囀りが最高の癒しとなってくれる。深山や高地、湖畔のキャンプ場は得てして囀りが綺麗な野鳥が多く、夏場の楽しみの一つとなっている。(40代男性)

車内で一人映画鑑賞

車内泊でポータブル電源を持ち込み、リアハッチをあけ、幕をモニター代わりに映画鑑賞してます。周りが人のいないシーズンであれば、車のスピーカーとも連動させて、映画館気分を味わっています。ドライブシアターで懐かしいです。(40代男性)

焚き火で火を眺める

いつもは仕事などで電子音などに囲まれているので、
自然の音、人工的な音ではない火の爆ぜる音などを聞いている時が今一番癒されている瞬間かもしれません。(30代男性)

海の近くで焚き火をしながらコーヒーを飲む

海の近くだと波の音が自然の音楽となりその音に焚き火のパチパチという音が重なり、日常では聞くことのできない最高の音楽を聴く事ができる。その音に耳を澄ませながら飲むコーヒーは格別。(30代男性)

食事を作る

ソロでも複数でもキャンプの楽しみの一つは食事を作ることかと思います。
中でも火を焚いて何かを焼いたり、煮込んだりしている時間が癒される時間です。
普段時間に追われることが多いため、長く料理のためだけに時間を使える瞬間はリラックスできる瞬間かと思います。
(30代男性)

ハンモックに揺られながら空を眺める

ハンモックに寝ころび、揺られながら空を見ると、空が広く見えます。雲の流れや星など、いつもよりゆっくりと眺めることができます。(30代女性)

犬を連れて行って一緒に遊ぶ

犬は自然が大好きなので、一緒に散歩したり遊んであげるとお互いが癒されると思います。(40代男性)

テントの中で自分好みの香りを楽しみながら夜空を眺める。

私の場合、基本的に一人になりたい時や、ゆっくりと自分と向き合いたい時にソロキャンプへ行きます。
非日常を楽しむのはもちろんですが、夜は静かにテントの窓から夜空を見上げ、自分の状態や気分をよくしてくれるフレグランスでリラックスをします。リラックスしながら、一人でテントの中で夜空を見上げたり、他の人の歩く音、楽しそうな話声、虫の声、水の音、風の音、様々な自然の音を聞いていると、心の奥深くまで癒されていく感覚がします。また、遠くの夜空を見上げる事により、目の疲れも癒してくれている感覚にもなります。

そうしていると、不思議な事に日常では味わう事の出来ない心地の良い睡眠に入ります。目も、耳も、鼻も癒され、頭も心もリフレッシュし、目覚めがとても良いです。

ぜひ、おススメです。

(30代男性)

たき火の音と星空で癒される

キャンプ場は子供もいて少し騒がしい場所もありますが、夜は比較的静かです。
星空を見てたき火の音を聞いているとすごくリラックスできます。ビールやお酒があれば更に良いでしょう。(40代男性)

明るい時間は本を読み、暗くなったら焚き火や夜空を見上げる

基本的には一人の時間を過ごせるというのがリラックスできる大きな要因です。

なので明るいうちはコーヒーでも飲みながら本を読むのが好きです。

焚き火は非日常感もあり、一度は試していただきたいです。
ぼーっと焚き火を眺めるだけで安らぎます。(30代男性)

地べたに寝転がって星を眺める

普段星などを見ないので、余計に集中してこんな世界があるのかと楽しみます。(30代男性)

夜、星がいっぱいの中で焚火をしながら甘いミルクティーを飲む

田舎のキャンプ場は空いていて明かりがとても少ないので、星が本当にたくさん見ることができます、その中で焚火をしながら空を見て自然の音をBGMにあまーい温かいミルクティーを飲むと、ほっとして心から体全体が温まってリラックスできます。(20代女性)

川の近くでコーヒーを飲む

川の音を聞きながら音楽を聴きコーヒー飲むと癒されます。いつもと違う雰囲気が良いです。(20代男性)

たき火をしながら、ゆっくりとお気に入りのコーヒーを飲んでリラックスする

静かな場所で、温かいたき火を見ながら、お気に入りのコーヒーを飲んでいると、ほっとするから(50代女性)

クラシックを自然の中で聴くこと

自然を題材にしたクラシックが割と多く、自分だけの「ASMR」をプロデュースできるからです。(30代男性)

ハイキングしながら森林浴を浴びる

森林の中を歩くだけで美味しい空気を吸うことができ、日常の生活を忘れることができます。特に晴れた日に爽やかな風が吹く中で森林浴を浴びることで、自然の中にいると実感でき心が癒されリラックスできます。(20代男性)

満天の星空を眺める

喧騒の無い山間のキャンプ場は空気も澄んでいる上に光害も殆ど無く、満天に広がる星空をまさに独り占めに出来ます。チェアにゆったり腰掛けリラックスして眺めるも良し、本格的な望遠鏡を持ち込んで夢中になるも良しです。なお私の場合、バードウォッチング用に持参する双眼鏡を夜間星空観賞用に転用し、楽しんでいます。(40代男性)

寝る前に少し熱めのコーヒーを飲みながら、空を見上げる

誰に遠慮する事も無く、誰に見られる事もなく、素の自分で好きなだけ見る事ができる。その際、他愛のない事や、思い出、目標等が思い浮かび、すっきいりした気持ちになる。(40代男性)

火を眺める

やはりキャンプの醍醐味はこれだと思います。焚き火はもちろん、カンテラやロウソクの炎を見るのも楽しいです。風の弱い日ならアロマキャンドルでもいいかもしれません。炎と一緒に、焚き火なら薪の崩れる様、ロウソクなら蝋が溶けゆく様に注目してみても面白いと思います。(20代女性)

家から持ってきた食材で簡単な調理

現地で調達する食材も悪くないが、普段から扱っているありきたりの食材を自宅と違う環境で調理をすることでリフレッシュされる。特に家でIH器具や電子レンジで調理している場合、夜暗くなってから火を起こして直火で調理する過程が愉しい。(40代男性)

焚火で沸かしたお湯でドリップしている時が癒されます。

普段は中々贅沢できない高級コーヒー豆を手動でミルにかけ、時間をかけてドリップしている時が誰にも邪魔されず時間をゆっくりと使えることがとても好きで息抜きになります。(30代男性)

主に南の海に行くので、波の音を聞いています。

シーズンオフを選んで行くので、海岸は誰も居ません。波の音だけが聞こえてきます。寂しい時は海外のラジオを聞きます。(30代男性)

キャンプ場のところで思いっきり大の字になって深呼吸することです。

私は沖縄本島在住でよく北部地域であるやんばるの山中や川のそばで行うのですが、空気が非常に美味しく、自然も南国独自なので日頃のストレスがそうすることでほぐれたました。(30代女性)

アコースティックギターを弾きながら思いっきり歌う

キャンプ場ではない本当に人気のない山奥に一人でいってギターの弾き語りをする。住宅地では出来ないような大声で熱唱できるので気持ちいいです。(40代男性)

テント内でアロマを炊いて過ごしてみて下さい。

アロマはリラックス効果がありますのでテント内で炊いて横になるだけでも非常にリラックス出来て何もしなくても気分が充実します、もちろん読書をしたりパソコンをしたり何をして過ごしても構いません、是非とも自身が好きな香りのアロマを購入しテント内で楽しんでみて下さいね!。(40代男性)

夏場のキャンプで、近くの川に行って足を浸す

キャンプの時は良く動き回るので、足が蒸れたりします。ですから、夏場の暑いとき、蒸れた足を川で浸したらリラックスできます。(40代男性)

コーヒーを淹れる

大好きな自然の中で豆から挽いてコーヒーを抽出する行程が、大自然の香りとコーヒーの香りがダブルで感じることができてリラックスできます。(40代女性)

とりのなき声や、虫のなき声をきく。

目をつぶってじっとしていると、昼間はとりのなき声、夜は虫やカエルのなき声がきこえます。それを聞いていると癒されます。(30代女性)

【まとめ】癒されたいならソロキャンプをすべき

まとめ 癒やされる リラックス ソロキャンプ
いかがでしたか?今回はアンケートをもとにソロキャンプで癒やされる方法についてご紹介しました。年齢を重ねるとストレスが溜まる機会が増えてきて、適度に発散をしないとどんどん辛くなってきてしまいます。不安や悩みを解消せずにそのままでいると心身ともに辛くなってしまい、最悪うつ病になる可能性だってあります。

それを防ぐためには適度にストレス発散をする事が大切です。特にソロキャンプはストレス解消には効果的な趣味で生涯続けられるので非常におすすめです。別の記事にておすすめのストレス解消の方法をご紹介していますので、もし興味があればご覧ください。

1人で楽しめる趣味
30代男性におすすめなストレス解消法をご紹介!50人に調査!30代の賛成におすすめのストレス解消法を知りたい。仕事や恋愛、家族、人間関係で悩みが絶えない 30代になってくると仕事が忙しくなり...
key
38歳の1児の父。今まで全然モテなくて彼女も友人もおらず、30代の頃にソロキャンプを始めました。そのおかげで今の妻と出会え、騒がしくも楽しい生活を送っています。ソロキャンプは女性にモテたり、出会いのきっかけが生まれたりなど恋愛の役に立つ事が多いです。そのため、30代の独身男性に向けてソロキャンプの楽しさややり方、ソロキャンプを通じて彼女を作る方法などをアドバイスしています