ソロキャンプの注意点【男性向け】

【男性用】ソロキャンプで他人に話しかけられる時の対策をご紹介!

ソロキャンプ男子 駄目

ソロキャンプをしている時に近くの人から話しかけられたりしてうっとうしい。対策とかないかな?

1人で行えるソロキャンプは煩わしい人間関係から開放されるため、のんびりしたい人達から支持されています。大自然の中で好きな料理を好きな時間帯に食べたり、ハンモックでのんびりしたり、読書や映画を見たり、好きな事を自分のペースで行えます。

周りを気にせず好きな事が出来るので非常に楽しいのですが、キャンプ場によっては同じ様なキャンパー(キャンプをする人)も多く、会話をする機会もあるでしょう。

ですが、せっかく1人の時間を楽しめるのに、周りとのコミュニケーションをとるのって面倒じゃないですか?そんな時は話しかけられないような対策をしておくと、自分の時間をじっくり楽しめるのでオススメですよ。

そこで今回はソロキャンプ中に他人から話しかけられない様にする方法についてご紹介しいきます。キャンプ場で人とのコミュニケーションが苦手な人はぜひ参考にしてください。

結論

■他人から話しかけられないようにする方法
・そもそも人が少ないキャンプ場を選ぶ
・ヘッドフォン等を常につけて、話しかけにくくする
・タープを利用して周りから隠れる

ソロキャンプをやっていると実際に楽しめたかどうか気になる人っていませんか?て空き時間が暇になったり、料理も下手だからカップラーメンで済ませたりなど。確かにソロキャンプの楽しみ方は豊富でそれをやっても楽しくない場合は、自分がソロキャンプに向いてないんじゃないかと思いますよね。別の記事にてソロキャンプにむいている人を解説していますので、もし興味があればご覧ください。

ソロキャンプ 向いてる人 特徴
ソロキャンプで向いている人・向いていない人の特徴を徹底解説!ソロキャンプに興味はあるけど、ソロキャンプに向いている人の特徴ってあるのかな?ソロキャンプは費用がかかるし、始めてみて失敗とかしたくない...

ソロキャンプ中は誰とも話したくない男性も多い

誰とも話したくない
ソロキャンプはテント設営や焚き火の設置、料理作業、ハンモックやテントでのんびり読書など、1人の時間を楽しめるのが最大の魅力です。自分の時間に没頭出来るため、人間関係を気にする必要も無くリラックスする事が出来ます。そのため。キャンプ場では誰とも話したくないって人も一定層存在します。

ですが、せっかく周りに話しかけられたのに嫌そうな顔で対応するのは相手にも失礼ですよね。だからといって愛想を振りまいて接するのは面倒ですし、1人の時間を邪魔された感覚になるので嫌になります。

そこで大切なのは、他人から話しかけられないようにする事です。

事前に対策を講じる事で、無駄なコミュニケーションを避ける事が出来るため、1人の時間に没頭できソロキャンプを最大限楽しむ事ができます。

ソロキャンプ中に話しかけられなくする方法まとめ

ソロキャンプ 1人
それでは今からソロキャンプ中に話しかけられなくする方法についてご紹介していきます。ポイントとしては人がいない場所に行くか、人から見られないようにするかが大切です。

そもそも人が少ないキャンプ場を選ぶ

これが一番確実で、人が少ないキャンプ場だとコミュニケーションを取ろうとする人も少ないため、話しかけられる事が少なくなります、また、このようなキャンプ場は基本的に設備がしっかりしていないか、宣伝をされていないためファミリー層やグループでキャンプに来る層が少なくなります。

そのため、同じソロキャンプ目的の人たちも多くなり話しかけてくる層が少なくなります。

とはいえ人が少ないキャンプ場の場合、立地が悪かったり設備が悪かったりする可能性があり、キャンプ自体を快適に楽しめない可能性があります。それが嫌な人におすすめなのは区画サイトがあるキャンプ場を選ぶ事です。

区画サイトがあるとプライベートを保てる

区画サイトというのは文字通りキャンプエリアが仕切られている区画の事で、自分がつかって良いエリアがロープや植え込みなどで明確になっているのが特徴です。それに対して仕切りが無く好きな場所にテントやタープを貼れるのがフリーサイトです。

もしプライベートの時間を堪能したいのであれば区画サイトを選ぶ事をおすすめします。

なぜなら区画サイトであればしっかりと仕切られているので、車を横着けできるので目隠しにもなり、周りとの境界線がはっきりしているため、話しかけられるきっかけが少なくなります。また、水道や電源付きなど整備が行きどといたところが多いのも区画サイトの特徴ですね。

ヘッドフォン等を常につけて、話しかけにくくする

イヤホンやヘッドホンを常につけていると、周りからは声をかけにくい雰囲気になるのでおすすめですよ。ただ小さいイヤホンだと周りは気づかない可能性もあるため、ヘッドホンなどの大きな物を利用するといいでしょう。実際に音楽は聞かなくてもいいため、安いヘッドホンでも十分です。

ただ、ヘッドフォンをつけてると周りの音が聞こえにくくなるので、事故などには気をつけてくださいね。

タープを利用して周りから隠れる

タープなどをつかって周りから姿を隠す事で話しかけられないようにする事が出来ます。タープとは床の無いテントのような物で、周りから隠れたりする事が出来るため、プライベート空間を作りやすくなります。基本的に人から話しかけられないようにするには、周りから見られない様にする事が一番なので、タープなどを使うのも手軽で効果的ですよ。

他にも日陰を作ったり急な雨にも対応出来るため、持っておくと純粋に便利なのでおすすめです。

ちなみにタープの貼り方などは下記の動画がわかりやすかったので、興味ある方はぜひ参考にしてみてください。

【まとめ】話しかけられない様に対策をしてからソロキャンプに挑もう

今回はソロキャンプで人から話しかけられない様にする方法についてご紹介しました。周りとのコミュニケーションも楽しくもあるのですが、その時の気分や性格によっては周りと会話をする事に苦痛を感じる場合もあるでしょう。そんな状態で周りと会話をしても、嫌な気分が表情が行動に出てしまい、他の利用客に悪い印象を与えてしまうかもしれません。それはお互いにとってよくありませんよね。

事前に人から話しかけられないようにする事で、無駄なコミュニケーションを防いでお互いが気持ちよくキャンプを楽しむ事ができます。今回ご紹介した方法はどれも手軽で、価格の安い道具でも十分なのでぜひ試して、ソロキャンプで心身ともに癒やされてください。

別の記事にてソロキャンプでおすすめのリラックス方法を解説してますので、もしストレスに悩まされている人はご覧ください。

まとめ ソロキャンプ 風呂 対策
ソロキャンプでのリラックス方法50選!癒されたい人必見!ソロキャンプで癒やされたり、リラックスしたりする方法を知りたい 仕事が多忙だったり人間関係が面倒でストレスが溜まる事ってよくありま...
key
38歳の1児の父。今まで全然モテなくて彼女も友人もおらず、30代の頃にソロキャンプを始めました。そのおかげで今の妻と出会え、騒がしくも楽しい生活を送っています。ソロキャンプは女性にモテたり、出会いのきっかけが生まれたりなど恋愛の役に立つ事が多いです。そのため、30代の独身男性に向けてソロキャンプの楽しさややり方、ソロキャンプを通じて彼女を作る方法などをアドバイスしています