ソロキャンプの魅力【男性向け】

【ソロキャンプ用】ユニクロで買えるメンズにおすすめの服装をご紹介!

ソロキャンプ ユニクロ 服装 メンズ

ソロキャンプに興味あるけど、どんな服を来ていけば良いのかな。あまり高い服だと変えないし、ユニクロでソロキャンプ向けの服を知りたい

ソロキャンプをする上で服装はとても大事で、アウトドアに適切な服じゃないと焚き火の火が燃え移ったり、汗でベタベタになって気持ちが悪くなったりと、快適にキャンプを楽しめなくなる危険性があります。それを防ぐためにも事前にキャンプに適した服装を来ていく事が大切ですが、キャンプ装備は意外と高いものが多く、全部揃えられないって人も多いでしょう。

そんな時におすすめなのがユニクロで服を揃える事です。ユニクロであれば安価で機能性が高く、キャンプ向きの服装を揃える事が出来ます。

そこで今回はユニクロで買えるソロキャンプ向けの服をご紹介していきます。もしソロキャンプで着ていく服がないけど、費用もかけられないって時はぜひ参考にしてみてください。

結論

■キャンプに向いているおすすめのユニクロの服装
・エアリズムコットンクルーネックT
・スーピマコットン、コットンTシャツ
・ドライEX シャツシリーズ
・ウルトラストレッチアクティブジョガーパンツ
・アンクルパンツ
・スリムフィットジーンズ
・リネン(麻)100%パンツ
・シームレスダウンパーカ
・ブロックテックパーカー
・ポケッタブルパーカー
・ウルトラライトダウン

ソロキャンプをする上でスキンケア対策もしておく事をおすすめします。しっかりとケアしないと肌のしみやくすみが増えて一気に顔が老けてしまう危険性があります。別の記事にてソロキャンプ向けのスキンケア用品を男性向けにご紹介していますので、もし興味があればご覧ください。

ソロキャンプで着る服の選び方のポイント

服装の選び方のポイント
キャンプを思い切り楽しむ為には外でも快適に過ごせる服装を来ていく事が大切です。意識すべきなのは素材やどんな機能があるかなどです。純粋に見た目だけで選ぶと後悔するので気をつけてください。

朝晩の冷え込みに備える

寒さに対する備えはとても大切で、寒すぎて夜寝られないって事も時期によってはあります。それを防ぐ為にも冷え込み対策に温かいアウターを1つでも用意しておくと良いでしょう。また、寒暖差が大きい季節やエリアでは、昼の温かい時間と、夜の寒い時間では服装を全く変えるのも1つの手です。

アウターに関してはオシャレよりも保湿性や暖かさを重視して選ぶ事が大切です。ちなみにテントの中なら湯たんぽや電気毛布を利用するって手もあるので、選択肢の1つとして覚えておくといいでしょう。

虫対策として肌の露出を控えよう

アウトドアの厄介者である蚊などの虫は、時期やエリアによってはたくさん生息しており、肌を露出した格好だと虫に噛まれる危険性があるので注意してください。特に林の中などを散策しているとより一層虫と遭遇する確率が高まります。

そのため、虫対策として長袖や長ズボンなどを一着用意しておく事も大切です。夏の場合はせめてレッグカバーやアームカバーの様に肌を隠せるアイテムを活用してみてください。

日差し対策で帽子やサングラスも用意

標高が高くなると自然と紫外線は強くなりますし、日中にであるく事が多いキャンプはどうしても日に焼けてしまうためUVケアは必須です。そのため日差し対策にUVカット機能を備えた服を選ぶのもおすすめです。また、日差し対策として帽子やサングラスなどもあると便利ですよ。

焚き火をするならコットン素材がおすすめ

もし焚き火など火を扱うキャンプでは来ていく素材に気をつけてください。例えば燃えやすいポリエステルの服だと、火の近くいると火が燃え移ってしまう危険性があります。そのため、燃えにくいコットン素材を利用するのも安全でおすすめです。

参考:着衣着火の恐怖【京都市消防局】

防水性や撥水性のあるアウター

急な雨が降ってくる事もあり、雨具の準備をしていない場合びしょ濡れになってしまい、その後のキャンプが楽しめなくなる可能性があります。そのため雨具だけではなく防水性や撥水性のあるアウターを盛っておくだけで急な雨にも対応出来ます。雨が服に染み込んでしまうと、朝晩の急な冷え込みによって体調を崩す危険性もあるため、薄手でも良いので水を弾くアウターを用意しておきましょう。

汚れが目立たないモノトーンがおすすめ

基本的にはキャンプは泥などの汚れはもちろん、食事中の油はねやタレなどが飛び散ると服が汚れてしまいます。すぐ近くに洗剤や水などがあれば汚れを落とせる事もありますが、汚れがひどいと落とせずにシミになってしまう危険性があります。また、服が汚れたままだとかっこ悪いですしね。

そのため、汚れの目立たないグレーや黒といったモノトーン調を選ぶ事をおすすめします。

ユニクロがソロキャンプに向いている理由

ソロキャンプ 向いている理由
ユニクロといえば日常で使う安価な商品や、誰でも着れるサイズで老若男女に好かれているブランドのイメージが強いでしょう。当然アウトドア用品を買うためにユニクロに行こうと思い浮かべる人も少ないかと思います。ですが、意外とユニクロはアウトドア向けの商品が多く、機能が優秀かつ価格が安いといった特徴もあります。

そこでユニクロがアウトドアに向いてる理由を解説していきます。

コスパがいい

まずは何と言っても手頃な価格でそれなりの品質の商品が購入できるため、非常にコストパフォーマンスに優れている事が挙げられます。キャンプなどのアウトドア様の服装を専用ウェアだけで揃えてしまうと、数万円は軽く超える場合もあり、キャンプ道具が買えなくなってしまう危険性もあります。

特にアウトドア初心者の場合はキャンプ道具も全て揃っておらず、なるべく費用を抑えて服装を揃えたい人も多いでしょう。そのためリーズナブルな価格でアウトドア用の服を買えるユニクロはソロキャンプ初心者にこそおすすめです。

機能性が高い

ユニクロの商品は速乾性に優れており、さらっとっした着心地で使いがってのいい商品が揃っています。他にも持ち運びに便利なポケッタブル(ポケットに入るくらいの大きさ)商品や、ストレッチ機能があり動きやすく、運動に適した商品、UVカット素材を使ったものなどアウトドア向けの服装が数多く売られています。

そのためソロキャンプや軽い登山やハイキングなどの軽いアウトドアには最適ですね。
見た目も清潔感があるものが多く、上手に着こなせればファッション性が高いのもポイントです。

一通りすべて揃う

ユニクロの大きな特徴としては品揃えが豊富で、欲しいアイテムが全て揃うのがポイントです。ズボンやシャツ、アウターなど定番なものから、帽子や手袋、インナー、靴下といった小物まで全て揃っています。しかもどれも機能性が高く、サイズも豊富なためアウトドアに必要な服が一式揃うので、服に買う時間を短縮出来るのも魅力ですね。

カジュアルでオシャレ

ユニクロの商品はカラーのバリエーションが豊富で、同じシルエットの服装でも色違いの服も多くあり、自分好みの服装を選ぶことが出来ます。また、ユニクロはコラボ商品も多く、その中にはデザイナーとの本格コラボもあり、オシャレな服も数多くあります。アウトドアの専用ウェアは基本的には機能面を重視しており、無骨でファッション性が無い印象の人も多いと思いますが、ユニクロであればオシャレで機能性に優れたアウトドア向けの服装が手に入るのも嬉しいポイントですね。

どんなサイズの服もある

人によって一番気になるのが自分に合うサイズがあるかどうかです。専用のアウトドア用品点だと品揃えは豊富でも、服装のサイズの種類が少ないって事も有りえます。ですがユニクロでは小柄なサイズや大柄なサイズまで幅広く用意されておち、一般的な体格であればほとんどの服が購入可能なのもポイントですね。もし自分のサイズに合う服が置いてない場合、他店舗に行くか、オンラインなら購入出来る場合があるのも嬉しいですね。

ソロキャンプでおすすめのユニクロブランド服まとめ!

ユニクロ 服装
それでは次におすすめのユニクロブランドの服をご紹介していきます。

速乾性や着心地に優れたシャツ

ドライEX シャツシリーズ

まずは夏場に重宝する超速乾素材の『ドライEX』です。速乾速度がコットンの約半分の時間で済むのが特徴で、夏場の暑い季節に来ていると汗の気持ち悪さをなくしてくれます。通気性もあるため涼しくて、防菌防臭機能もついているスグレモノ。

夏場はこれとエアリズムがあればシャツは問題ないくらいの高機能な商品です。

エアリズムコットンクルーネックT

エアリズムのコットンクルーネックTはコットン素材の為肌触りがなめらかで、汗を書いた後も身体の冷えを感じにくくなるのが特徴です。コットン素材は火の耐性が高く、焚き火で調理をしても燃えにくいので安全ですね。

スーピマコットン、コットンTシャツ

コットンの中でも希少とされる素材である『スーピマコットン』を使用している服です。高級素材として扱われている素材をユニクロであれば1,000円程度と非常にお得な値段で購入できます。

服の種類も豊富なため、おしゃれ着として着こなすのもいいですね。

履き心地がよく快適なズボン・パンツ

ウルトラストレッチアクティブジョガーパンツ

素早く汗や水分を乾かすドライ機能が特徴のジョガーパンツで、アウトドアや運動にも最適です。とにかく軽い履き心地のストレッチ素材を使用しており、ストレスのを感じさせないズボンで、キャンプでまったりとリフレッシュしたい人にはおすすめですね。

アンクルパンツ

こちらも履き心地のいいストレッチ素材を使用したズボンで、長時間履いていても疲れにくくなっています。アンクル丈のため、地面の枝や草が気になる方や、しっかりと足を服でカバーしたい人にはピッタリですね。

見た目もきれい目でオフィスファッションにも使えるほどなので、アウトドアでオシャレ要素を取り入れたいからにはおすすめです。

スリムフィットジーンズ

アウトドアは基本的に服装を酷使する可能性があり、丈夫な素材の服装をするのが最適です。その点ジーンズなどは元々海外では作業着として使われていたものなので耐久性は抜群で、焚き火も問題ありません。

このスリムフィットジーンズはジーンズなのにストレッチも効いてて履き心地がよく、リーズナブルな値段のため履きつぶしが出来るのでアウトドア向きのズボンです。

リネン(麻)100%パンツ

リネン素材のパンツは肌触りが良くて丈夫な為、リラックス出来て丈夫な服装を求められるキャンプには最適のズボンですね。見た目はざらついた感じですが、中は肌触りがよく、とても軽いので履き心地抜群です。

しかも熱に強いため焚き火の近くでも安心です。

寒さや雨風に強いアウター

シームレスダウンパーカ

キャンプ向けにとてもおすすめなのは防風・撥水・軽量の三拍子揃った『シームレスダンパーカー』です。ユニクロの技術がフルに注ぎ込まれた近未来ダウンであり、本来縫い目となる部分を圧着接着テープで止めることで穴を開けておらず、シームレスなデザインが特徴です。

縫い目が無いため風や水の侵入を防ぐ事になり、高い防寒性を持っています。デザインもスタイリッシュでかっこいいので、機能性とデザイン性を両立しています。

ブロックテックパーカー

アウトドアの定番でコスパ最強のパーカーです。パーカーなのに防水や耐久撥水があり、透湿性もあるため雨や水を弾いて汗で蒸れにくいという特徴があります。素材もストレッチのため着心地がよく、風にも強いのでレインウェアとしても使いやすいです。

シームレスダウンパーカーだと暑い時にブロックテックパーカーを利用するのもおすすめです。

ポケッタブルパーカー

持ち運びに便利なポケッタブルウェアは丸めて小さく出来るので、いざという時の為の予備の服装として優れています。薄くて軽く蒸れにくく、体温調整の為にちょっと羽織る時用にカバンの中に入れておくと便利です。

撥水機能もあり、少しの雨なら弾いてくれて、通気性がよくUVカット機能がついているため、季節を問わずいつでも活躍してくれる商品です。日差しよけや休憩時の冷え対策に1つはあると便利ですよ。

ウルトラライトダウン

ユニクロの定番でもあるウルトラライトダウンはとにかく軽く、持ち運びしやすいのがキャンプ向けの服装です。羽毛100%で来ている事を忘れる程に軽く、布団に入っているように温かい事が特徴です。

有名登山メーカーの商品であれば1万円を超えていても不思議ではない防寒性能を持ちながら、ユニクロならその半額以下の値段で購入出来るのは魅力ですね。

キャンプでのんびりしている時の重いアウターを来ているのは窮屈に感じますからね。

【まとめ】ソロキャンプ初心者は安くて高機能なユニクロで服を揃えよう

オシャレ コスパ ユニクロ

今回はソロキャンプ用にユニクロが適している理由や、実際におすすめの商品をご紹介しました。基本的にユニクロの商品はどれも機能性が高く、丈夫で履き心地も良いためアウトドアにはとても向いています。

通常アウトドア専門店などで購入すると割高になってしまいますが、ユニクロであればリーズナブルな価格で購入出来るのも大きなポイントですね。

キャンプ道具などを揃えていると金銭的に負担がかかってしまいますし、服装ぐらいは安く抑えたいですもんね。

別の記事にてソロキャンプで必要なキャンプ道具についてまとめていますので、もし興味があればご覧ください。

key
38歳の1児の父。今まで全然モテなくて彼女も友人もおらず、30代の頃にソロキャンプを始めました。そのおかげで今の妻と出会え、騒がしくも楽しい生活を送っています。ソロキャンプは女性にモテたり、出会いのきっかけが生まれたりなど恋愛の役に立つ事が多いです。そのため、30代の独身男性に向けてソロキャンプの楽しさややり方、ソロキャンプを通じて彼女を作る方法などをアドバイスしています